葉牡丹(ハボタン)の挿し木がなんとか育ちそう!(続報も!)

スポンサーリンク
葉牡丹

順調に生育中の葉牡丹の挿し芽。

 

今年もお花屋さんに葉牡丹(ハボタン)の並ぶ季節がやってきましたね。

 

実は、昨年の葉牡丹がそのまま春を越え、夏を越え、今現在まで生き抜いてくれていて。

 

葉牡丹

これがその夏越しをした葉牡丹です。

東側の花壇に植えていて、午前中は大いに日が当たるのですが、

午後になると日陰になり、夏の強い日差しも避けられる環境が良かったのでしょうか。

 

春に花が咲いて種を取った後だったかな、夏の初めころに新芽がどんどん出たので、

何度も挿し木にチャレンジしてみました。

 

でも、最初の頃や暑い盛りに挿し木したものはみんなダメになってしまい、

一番遅く、たしか夏の終わり頃に挿し芽したものが1個だけ根付いてくれて。

葉牡丹の新芽って美味しいんでしょうかね、ずいぶん虫にも食べられちゃったりもしました。

 

この最後に残った挿し芽は、ずっと苗ポットで育てていたのですが、

一週間ほど前に花壇に植え替えしてみました(11月上旬)。

一番上の画像が、今日の挿し芽の様子ですが、うん、ちゃんと育ってくれているようです。

(この下の方に続報もアップしました!)

 

まだ小さい赤ちゃんですが、どうか大きく育ってくれますように!

 

確か、だったはず。どっちが咲くかな~。楽しみです!

 

20日後の様子です!(11月下旬)

ハボタン続報

これは挿し芽

大きさはあまり育っていませんが、だいぶ色味が出てきました~。

白なのか?紫なのか?? まだまだ成長が見逃せません!

 

ハボタン続報

親株の方も少しずつ大きくなってきて、ところどころ葉の中央部分に色味が出てきましたよ。

こちらも白だったり紫だったり、まちまち。

なんだか葉物野菜のように美味しそうに育っていて、収穫したくなってしまいそう!

 

また、成長が見られたら続報をアップいたしますね!