英語リスニングの鬼100則おもしろそう!英文法の鬼100則も併読中!

スポンサーリンク

英語鬼本

 

新しい英語本を購入です!

 

普段あまりリスニング系の本は買わないのですが、急遽必要になり、

前から気になっていた明日香出版社の「鬼100則シリーズ」から出ている、

英語リスニングの鬼100則を購入してみましたよ!

(Amazonなどでのレビューが良さそうなので気になっていて)

 

この「鬼100則シリーズ」の「英文法の鬼100則」も面白いですよね!

って、まだこちらも最近読み始めたばかりなのですが。

認知言語学の観点から、英文法を解釈していくという視点が新鮮で!

 

英語話者がどういう視点から世の中を見ているのかという観点から英語を理解していく本なのですね。

英語についての素朴な「なぜ?」の疑問が、

「あぁ、英語話者にはそういう風に見えているからなんだ~」と解きほぐされていくようです。

 

100則までありますからね、なかなか分厚い本ですが、これはぜひ読破したい本です!

 

そんなわけで、「英文法の鬼100則」に夢中になりつつある流れで、

かなりの期待感を持ってこのリスニング版を購入してみたわけです。

ちょっと短期間に学ぶ必要があるのですが、これもけっこう分厚くて読みでがありそうです!

でも、わくわくします!

 

また面白かったら、もっと詳しくご紹介を書かせていただくつもりです!

(—>読後レビューはこちらに!)

 

ちなみに、英文法の鬼の時吉さんは、「英熟語の鬼100則」も出されていて。

実際、英熟語って、深く考えもせず覚えてきたものが多くて。

この熟語や構文の謎も、認知言語学の観点から学べるという、これもたまらなく面白そうです!

次はぜひこれを買いたいなぁ。

(—> さっそく買ってしまいましたよ!読むのが楽しみです!)

 

ちなみにちなみに、熟語本ですと、受験対策として使えるかどうかという点もポイントかもしれませんね。

自分の経験を下に、そんな点からもぜひ見ていきたいと思っています。

 

そうそう、この英文法版もリスニング版も、それぞれに著者のブログを見つけましたので、

リンク張っておきますね!

時吉さんは、YouTubeもされていて、本に書いてある内容などもどんどん発信されているようですね。

今、最初の記事にある前置詞 at と in の解説動画を見てみたのですが、面白かったですよ!

 

Link 英文法の鬼100則」の著者・時吉秀弥さんのアメブロ

Link 英語リスニングの鬼100則」の著者・米山明日香さんのブログ

 

米山さんのブログは、4月の更新が最後のようでちょっと心配ですね。

この先生の著書を読むのは初めてですが、楽しみに読ませていただきます!

お耳、よくなっていますように。(*^^)ノシ

 

Link 明日出版社の鬼100則シリーズの一覧ページはこちら!