「英語のしくみを5日間で完全マスターする本」のぷちレビュー!

スポンサーリンク

英語のしくみを5日間で

 

英語が大好き、特に文法書が好きで!

 

お仕事でも英語とのかかわりが日に日に深まってきていて、

ちょっとここ最近、特に力を入れて勉強し直しているところです。

 

そして、ここ最近、夢中で読んでいたのがこれ、

佐藤誠司・小池直己さん著の「英語のしくみを5日間で完全マスターする本」(PHP文庫)。

(楽天ブックス)

 

実は数年前に購入していたのですが、なかなか読み切れずにいました。

だって、それはそれはものすごい情報量で!!

見開き半ページだけでも、覚えておきたいことがたくさん!というくらい満載で。

どんどん読み飛ばしていけるような本ではない!もったいなくって!

 

読んで味わって味わってとしているうちに、なかなか進まず、

「5日間」の何倍も、いや、何十倍もの時間を掛けて、ようやっと読破!といったところです。

 

いやぁ~~~、面白かったです!!

 

帯にもあるとおり、本当に1単元、1単元、

新たな発見と、気づき」でいっぱいでした!

 

深く考えずに覚えていたけれど、

「そういえば、なぜだろう?」と思うような点ばかりが取り上げられており、

「なるほどぉ!」の連続でしたよ!

 

この本は、ほんの数日でさくっとマスターできるような基本のお手軽な文法書ではなく、

「英語をもっともっと味わいたい、根幹から「英語感覚」を身に付けたい!」

と望まれる方向けの上級書のように感じました。

 

ですので、しっかりと既存の英文法の知識を得ている上で、

自分なりの文法体系への解釈の素地も整っている場合の方が、

より存分にこの本の魅力を味わえるように思います。

(高校や受験英語の文法知識は必須かな)

 

私、普段、基本文法書としては、「ロイヤル英文法」(旺文社)を愛用していますが、

そこにどんどん補足事項の付箋を貼り足していった形です。

 

いやぁ~、実のところ、まだまだ完全には理解しきれていなかったり、

理解は出来ても、身に付いたという感覚からは程遠いものが多く、

これは、何度も何度も繰り返し読んで、自分の中にしみ込ませていきたい内容ばかりです!

(ただいま読み返し2巡目ですが、2度目の方が理解しやすく面白いです!)

 

文庫本サイズで、300ページ弱、項目にして123項目という内容構成で、

さらっと読めてしまいそうに見えますが、まるで宝の山に足を踏み入れたかのような、

どちらを向いても宝、宝で、なかなか先へ進めない! まいったまいった!

(要望としては、この本、索引があれば良いのに!!)

 

あーー、感激!

実に面白い英文法理論の本でした!

 

最後に、この本の裏表紙にある「筆者の思い」をご紹介しておきますね!

英語のしくみを5日間で完全マスター

 

本当に、ただ覚えていたこと(疑問にさえ思わずに…)に気付きを与えられ、

「英語の世界へようこそ!」と、「真の」扉の中へと招き入れてもらえたような感覚。

こんなに面白い世界だったんだ!と、ぐいぐい引き込まれてしまいました!

 

このお二人の共著シリーズ、中学英語や高校英語のやり直し本なども含めて、

けっこうたくさん出ているようです。

もっといろいろと読みたくなってしまいました!

 

さてさて、また面白いおすすめの英語本があれば、書かせていただきますね!