「カリスマ先生の英文解釈」(富田一彦著)がKindleUnlimitedで読み放題対象に!(2021年12月現在)

スポンサーリンク
富田英語

Amazon Kindle Unlimited キャプチャ画像

 

ちょっと急ぎ、英文解釈というか、英文読解本を読む必要があり、

Kindleで探していると、こんな本と出会い、夢中で読んでしまいました!

 

以前、代ゼミの講師をされていた富田一彦先生という方が書かれた、

7日間で基礎から学びなおす カリスマ先生の英文解釈」(PHP)という本です。

 

貴重な本のようで、すでに絶版となっている紙版は、中古本でしか入手できない状況。

しかも、これがびっくりな高値となっていて…。

(5000円とか6000円とかが当たり前な世界)

 

それが、今、Kindle Unlimited(読み放題プラン)で電子版を読めるようになっていて!

 

これは受験本というより、社会人向けに書かれた本のようですよ。

 

細かな文法事項はいっぱい勉強してきた、知識は豊富、

それでもいざとなると英文が読めない、直訳では意味が取れるものの、

真の意味が飲み込めず、本当の意味で英語を読めた気がしない、

そんなつまづきを覚えていらっしゃる方が、

この本との出会いで、英語の全体像、つまり森が見えてくる、

そんな感覚を覚えるような読解視点を広げるヒントを得られるかもしれません。

 

文章というものは英語に限らず皆そうなのかもしれませんが、

この本では英語というものの構造に着目して、いかに自分の持つ限られた資源を生かしつつ、

大きな視点から英文を解釈していくか、そのための英文解釈の極意が満載でした。

 

文型で意味を取っていくことの重要性しかり、対比や反復表現、同格表現といったものを見抜き、

いかに重要な情報を取捨選択し読んでいくことが大事か、

骨のある例文とともに、先生の論があざやかに展開されている本だと感じました。

 

正直、1回読んだだけでは、まだまだつかみ切れていない面が多く、

本当は何度も何度も紙版でじっくりと読み込んでみたい本です。

再販されると良いのに…。

 

余談ですが、この本を読んで、まっさきに浮かんだのが、関正生先生。

今、人気の受験英語の講師さんですね。

この先生の英文読解本と同じ方向性であるのを感じましたよ。

年代からして、関先生も富田先生の影響を多少なりとも受けていらっしゃるのかな。

(個人的な感想です)

 

いやぁ、本当、勉強になりました!

実際のところは、もっと木を見るタイプの細かな英文解釈本を探していたのですが、

もっともっと、それをはるかに超える、大きな視点から英語を見させていただく機会をいただきました。

こまごまとした視点から、びゅーんと空高く飛び立てるような気分になれる本かと思います。

面白かったです!

 

Kindle Unlimited では、読み放題対象の本が、しょっちゅう入れ替わりますよね。

意外とあっという間に消えていたりしますので、今のうちにと思って、紹介させていただきました!

また素敵な英語本と出会ったら、ご紹介させていただきますね!